こんな幼稚園は地域の宝。黙っていても地域に絆を生み出します。学校を縁の下で支えます。

「公立幼稚園」は私が好きな形だった。それが無償化で都市部では入園希望者が突然十分の一になり、選択肢のある自治体では一気に廃園に追い込まれている。たった三カ月で、自然に親が育ち、絆が育つ仕組みが壊されていく。
数年前に次のような文章を書いた。

長年地域に根付き、思い出や絆を作ってきた「公立幼稚園」をなくそうとする市長がいます。反対する母親たちから相談にのってほしいと言われ、広島で講演したあと、神戸で会いました。(神戸の市長の話ではありません。)

「公立幼稚園は親にサービスしないから親が育ちます。助け合わなくてはならないので、絆も育つ。もともと二年保育が多いし、このあたりでは二十年前、私立幼稚園の経営を邪魔してはいけないという主旨で、一年保育がありましたよ」と私は、始めに言いました。親たちの民営化反対の意図がどこにあるのか、探ってみたのです。

公立幼稚園は送迎バスもない。給食も、預かり保育もない。保育料は安いのですが、親たちは助け合うしかない、補い合うしかない。「いいですよねえ」と言うと、目を輝かせて、「そうなんです、何もしてくれないんです。しかも、行事や役員など色々押し付けられるんです。そういう園が、私たちは好きなんです。心が一つになるんです」とお母さんたち。ああ、この人たちはわかっている。ちゃんと育っている。こんな幼稚園は地域の宝。黙っていても地域に絆を生み出します。学校を縁の下で支えます。

こういう園の運動会は、部族的で、村社会的で、賑やかで、親身で、公立ですから障害を持っている園児がいたりして、そうすると、みんなで涙を流して応援する。こういう園は、一度失ったら再生不可能な親心のビオトープ、エコシステムなのです。

日本中すべての幼稚園・保育園がこんな感じだったら、私たちはもう一度、あの『逝きし世の面影』(渡辺京二著)の「子どもの楽園」(後述)の章に出て来る本当の日本、百五十年前に欧米人が書き残した「パラダイス」を体験できるのでしょう。それを民営化、こども園化して市長が壊そうとする。目先の選挙のことだけ考えているのでしょうか。

「市長は、こども園のほうが長く預けられるし、無料になるんだ、と言うんです。私達はそんなこと望んでいないのに」と静かに怒る母親たち。「こども園だと無料で、幼稚園だと有料になるんですか?」と私に訊く。

「そんなことはないですね。そこまで嘘を言って民営化を進めたがるには何か別に理由があるはずです」と答える。

聴けば公立幼稚園の職員はすでに六割が非正規雇用化されている。財政も特別悪そうではない。地方の場合、こういう時は、背後に利権がらみの癒着があったりする。そうなると「子どもの最善の利益」などという言葉は通用しない。

ほとんどの自治体で政府の施策によって保育が危険な状況にさらされている中で、公立幼稚園が十園まとまって親を鍛えながら、これだけ親に支持されているのは奇跡かもしれない、というようなお話しをしました。(後略)

 

文科省、無資格でもいい、と全国に緊急で通知

 

「新年度も各地で厳しい『教員不足』の状況が発生しているとして、文部科学省は教員免許がなくても知識や経験がある社会人を採用できる制度を積極的に活用するよう全国に緊急で通知しました。」https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220421/k10013592721000.html

あっという間でした。

保育士の三分の一が無資格でいい、パートで繋いでも構わない、と言うなら、学校もそれでやってみるといい、と本に書いたのです。そうしたら本当にそうなってしまった。なるだろうな、とは思っていました。

一番問題なのは、文科省が「全国に緊急で通知しました」と言っているところかもしれない。

予測できたでしょう、こんなことは。

この状況は、「発生している」のではなくて、政府によって作られたものでしょう。

新刊「ママがいい!」にこう書きました。

「受け皿を増やすことで合計特殊出生率は上がらず、むしろ過去最低を更新した。その事実からどう目を背けられるのか。保育施策はただの選挙対策なのか。待機児童解消を優先し、「子育て安心プラン」という本末転倒な名前を付け、「子どもたちの安心」を犠牲にした規制緩和が次々に進められている。保育現場に無資格者を入れ、わけのわからない付け焼刃の「資格」 をつくり、利益を求める素人の保育事業参加を促した。その結果、保育現場の混沌と愛着障害が深刻化し、義務教育の維持が困難になっている。」

最近、こんな記事もありました。

「児童虐待最多の10万8050人、コロナで潜在化の恐れ…「家にいるしかなく親の暴力ひどくなった:読売新聞2022/02/03」

子どもと一緒にいるとイライラする親がえているのです。

それを学校の教師に押し付けても、解決にはならない。しかも、今の応募倍率では教師の質は保てないのです。

保育課の熱血係長が四面楚歌に

「ママがいい!」の出版社のHPにインタビューの続きがアップされました。

『ママがいい!』著者 松居和さんに聞く④欧米の悲劇・日本の奇跡

本では書ききれなかった風景や、エピソードを語っています。加筆、修正もしていますが、インタビューだから言えたような部分もあります。ぜひ、読んでみてください。以下は、その一部です。

◆保育課の熱血係長が四面楚歌に

最近の保育施策を「ドロ舟」と言い切った女性の係長がいました。

──ドロ舟ですか。いつ沈むとも知れないほど危ういのが今の保育政策だと。

もう沈みかけている、と言うニュアンスですね。彼女は、虐待が疑われる家の前に車を止めて張り込むような烈女でした。

公立保育園の多い市で、いわゆる児相マター(児童相談所案件)が急増し、それにもう対応できないんです。限界を超えている。

すると、保育園が児相と仮児童養護施設みたいな役割を押し付けられる。でも、保育士不足による質の低下が同時に起こっているので、どうしようもない。そんな仕組みの中にいる自分が辛いし、腹が立つんですね。怒っているか、泣いているか、そんな人でした。

本人もシングルマザーで苦労してきた人でしたが、長時間預けることに躊躇しない親たちが、家庭崩壊、虐待へと進んでいく道筋が見えてしまうんです。

そこは、外国人の親も多い市で、みんな綺麗事ばかり言うんですが、予算もないし人材不足で、子どもが守れず、彼女は四面楚歌になっていました。

子どものために動こうとすれば、誰かから白い目で見られる、役場の中でも、なに一人でいいカッコしているんだよ、という感じなんですね。

ーーーーーーー中略ーーーーーーーーー

当時から、野党も与党も少子化対策として「待機児童をなくします」と言っていた。保育園での0歳児1歳児からの長時間預かりを進めていたんですよ。「子ども・子育て新システム」が、三党合意で「子ども・子育て支援新制度」と名前を変えて受け継がれていった。

その結果、ますます少子化は加速したんです。

これだけ子育ては損な役割り、みたいな宣伝をしたら、そうなりますよ。

にも関わらず、少子化によって日本の経済が悪くなっていくことこそが国家的な危機なのだ、と今になって言うんです。政府が加速させた少子化は、もう止まりませんよ。いくら対応策を考えても、最近の度重なる規制緩和を見ていると、政治家と学者がこの国の首を絞めているようなものです。

子どもが減ろうと、経済が悪くなろうと、まず乳幼児の願いを想像する、という原点に立ち戻るしかないんです。

待機児童の主体は0、1、2歳です。
その子たちは、保育園に入りたいなぁ、入りたいなぁ、と順番を待ってはいないんです。「ママがいい!」と叫ぶんです。

私はそういう議員に、4月、国じゅうで起こっている慣らし保育のときの叫び声「ママがいい!」を聞け、と言いたかった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(インタビュー時の動画の一部です。)

時々、輪になって踊っていればいいのです

ドキュメンタリー映画「シスター・チャンドラとシャクティの踊り手たち」(第41回ワールドフェスト・ヒューストン国際映画祭、長編ドキュメンタリー部門で金賞受賞)からの映像です。

私の質問にシスターが答えます。https://www.youtube.com/watch?v=uoQXhyz0rOg

 

インドの貧しい農村での人々の生活を見ていると、信心も含めて、絆と信頼に守られて暮らしてきた人間たちの確かな営みが見えてきます。

人間は、進化の歴史の99.999%を貧しさの中で過ごしてきたので、そうした状況で幸せになるのが上手なのです。遺伝子が、そのようにできている。

生態人類学的にも、血糖値を上げるホルモンは20種類あるけれども、下げるホルモンはインシュリンしかない。だから、「豊かさ」に弱い生き物なんです、と誰かが以前教えてくれました。

なるほどな、精神的にもそれが言えるのだな、とその時思いました。

「祭り」の意味をシスターは「集まること、祝うこと」と言いました。命をもらったならば、祝わなければいけない。それを繰り返していれば人間は大丈夫。時々、輪になって踊っていればいいのです、と教えてくれました。

シスターはカソリックの修道女ですが、言葉の端々にウパニシャッド哲学の流れを感じるようで面白い。お国柄ですね。絆は、「縁」であって、「円」であること。「祭り」はそれを伝えながら、日々の営みを次の世代につなげていく。人生がその場限りではないこと、「集まっていれば」良い方向に進み始めること、その流れを体感させるのが祭りや儀式でした。

日本の小学校で毎朝子どもたちが「輪になって踊る」、それに親たちが加わることで、つながりを実感出来るようになる。「気」の流れが変わり、人類の進化が正しい方向へ戻ってくる。このコミュニケーションの入口に「0歳児が眠っている」と、私は思っています。

 

インタビューの第三弾

出版社のHPに新刊「ママがいい!」に関するインタビューの第三弾が載りました。https://good-books.co.jp/blog/blogs/2794/

(その一部です)

日本でも、「女性の就労率のM字型カーブ」が日本特有の差別や時代遅れの象徴のように扱われ、「一億総活躍」が叫ばれ始めたころから児童虐待は増え始めて、いま過去最高です。そして、保育所を疲弊させる一番の原因は、いま「親対応」なのです。

本にも書きましたが、「子育てを女性に押し付けるんですか?」という質問をされることがあるのです。

それが「子育てを男性に押し付け返しましょう」という方向に向かうのであれば素晴らしい。理にかなっています。男性にも、より確かな利他の幸せ、道筋を知ってもらいたい。しかし、その質問の先に、それでは経済が回らない。子育てを制度でやればいい、専門家に任せればいい、そうすれば男女平等に子育てから解放されるという意識があるから、困る。この意識が広がったら保育界が持たない。

インタビュー記事の続編が載りました

(出版社のブログにインタビュー記事の続編が載りました。)

『ママがいい!』著者・松居和さんに聞く②悲しき虐待

政府が目指しているのは子どもに対するサービスではなく、親に対するサービス、企業に対するサービスです。保育士不足がこれほど逼迫しているのに、もう40万人保育園で預かれと数値目標を掲げ、それを「安心して子どもを産み育てることができる環境の整備」、「みんなが子育てしやすい国へ」と言うのですからもう支離滅裂というか、論理が破綻しているのです。

こうした厚労省の施策のキャッチフレーズに、ある二代目保育園理事長が顔をしかめて言いました。「安心して産み育てる、じゃなくて、気楽に子どもを産み育てることができる環境整備でしょう。気楽に産んでもいいんだけど、気楽に預けてもらっちゃ困るよね。それでは、子どもの立つ瀬がない。親が育たない」。

「子育てしやすい国づくり」=「保育園を増やすこと」とする考え方にいつの間にか社会が違和感を覚えなくなっている、そこがいちばん問題なのだと思います。

「日本再興戦略」という閣議決定があるんですが、その中で保育分野は「制度の設計次第で巨大な新市場として成長の原動力になり得る分野」、「良質で低コストのサービスを国民に効率的に提供できる大きな余地が残された分野」と書いてある。彼らの言う「国民」の中に幼児たちが含まれていないんですね。投票できない弱者の願いがまったく意識の中にない。

出版社のブログに載ったインタビューです。

音楽家・作家の松居和さんが、著書『ママがいい!』について熱く語って下さいました。

『ママがいい!』著者・松居和さんに聞く①

打合せのためにご自宅にお邪魔してお話ししていたところ、とてもいいお話をされるので、ICレコーダーを回し始めたら、次から次への言葉が出てきて、気がつけば4時間以上!

それに加筆いただいたら、2万字くらいになりそうな勢いなので、小分けにして週1ペースで記事をアップしていきます。

今回のお話は、『ママがいい!』という刺激的なタイトルに、生け贄になる覚悟で執筆したという裏話と、発刊後の保育関係者、親世代の反応について、などなどです。

いま、幼児をめぐって何が起きているか、多くの方々にぜひ知っていただきたい内容です。

シェアしていただけると、とてもありがたいです。